国際芥川龍之介学会
International Society for Akutagawa [Ryunosuke] Studies

データーベース
芥川龍之介     
*マウスポインタを合わせると画像が変わります
 
 
国際芥川龍之介学会について


芥川龍之介(1892-1927)の作品は、40を越える国と地域で翻訳されるなど国際的な評価も高く、海外における日本文学・文化受容に大きな役割を果たしています。

本学会は、世界各国の芥川研究者達の要請に応える形で、2006年9月に発足しました。
芥川文学、ひいては日本(語)近代文学に関する国内外の研究者の連携の窓口となり、日本文化研究の発展と国際社会への普及に貢献することを、設立の目的としています。

韓国・中国・台湾・ヨーロッパ・アメリカに支部を置き、毎年、国際シンポジウムを開催しています。
また、機関誌 『芥川龍之介研究 Akutagawa REVIEW』 を年1回刊行し、最新の研究成果を国内外に発信しています。

海外在住の芥川研究者に対する資料・情報提供といった支援活動や、グローバル化・グローカル化に対応できる若手研究者の育成にも取り組んでいます。   

 


 
機関誌について

本学会は機関誌『芥川龍之介研究 Akutagawa REVIEW』を年1回刊行しています。
国内外の会員による、厳正な査読を経た質の高い研究論文や、国際大会の報告記事などを掲載しています。
>>バックナンバー

☆最新号は第10号です(2016年6月刊行)
☆次号(第11
号)は2017年6月刊行を予定しております。
*会員以外の方でも、実費にてお求めになれます。
>>お問い合わせ

国際大会について

第13回国際大会を、下記の日程で開催いたします。
開催日 2018年9月20日-21日
会 場  
ロシア・サンクトペテルブルク大学
      *9月22日 フィールドワークの予定 

>>国際大会記録

機関誌最新号表紙  

 機関誌『芥川龍之介研究』最新号 →目 次 
 

*マウスポインタを画像に合わせると裏表紙が見られます 

 


☆重要【事務局移転のお知らせ】(2017年)
本学会事務局は、専修大学生田校舎 高橋龍夫研究室(神奈川県川崎市多摩区)に移転いたしました(2017年4月1日)。
新事務局の詳細につきましては、【お問い合わせ】を御覧下さい。

【機関誌『芥川龍之介研究』バックナンバー販売規定変更のお知らせ】
機関誌のバックナンバー御購入の際、当該号の執筆者は3割引での御購入が可能となりました。詳しくは【お問い合わせ】を御覧下さい。(2016.6.18)

【最新情報】 

第13回国際大会の日程が決定いたしました。(2017.10.14)NEW! 
 日程: 2018年9月20日、21日、22日(木~土)  
     ※ 例年同様、前2日間が口頭発表等、最終日はフィールドワークの予定
 会場校: ロシア・サンクトペテル
ブルク大学
     ※ 発表者募集告知は近日中に会員宛メール及び本サイト上にて行います。

・【募集】機関誌「芥川龍之介研究」次号(第12号)への投稿論文の締切りは2017年12月末日です。
            詳細は【投稿規定】のページをご確認ください。(2017.10.5)NEW!

・第12回国際大会は、盛会のうちに無事に終了いたしました。第13回大会は来年9月を予定しております。(2017.9.20)

【データーベース】の 「芥川龍之介参考図書目録」を更新(7月刊行書籍3冊追加)しました。(2017.7.30)

第12回国際大会のプログラム (PDF)が公開されました。(2017.7.20→改訂版 9.11)

【データーベース】の 「芥川龍之介参考図書目録」を更新(5月刊行書籍1冊追加)しました。(2017.5.27)

・第12回国際大会が、中国海洋大学(中国・青島)にて開 催されます。 (2017年9月16日-17日)
 プログラム等の詳細は、後日、当サイト上で発表いたします。(2016.12.30)

【データーベース】の 「芥川龍之介参考図書目録」を更新しました。(2016.10.15)

・機関誌『芥川龍之介研究』第10号が会員に配送されました。
 本学会創立10周年記念号となる今号は、通常号より大部のため、非会員の方には1冊2000円でのご提供となります。(2016.6.4)

・第11回国際大会は、盛会のうちに無事に終了いたしました。(2016.5.10)

第11回国際大会のプログラム (PDF)が公開されました。
 なお、司会者などにつきましては、暫定的な記入です。確定次第、改めて当サイト上で御報告いたします。(2016.2.3)
 
→司会者の情報を掲載し、内容の一部を変更した確定版を公開いたしました。 (2016.4.29)

・第11回国際大会の開催日程が2016年5月6日(午後)-8日に変更になりました。(2016.1.17)

・第11回国際大会が、台湾・淡江大学にて開催されます。 (2016年5月7日-8日)
 プログラム等の詳細は、後日、当サイト上で発表いたします。(2015.11.15)

創 立10周年記念大会は、盛会のうちに無事に終了いたしました。(2015.8.28)

機関誌『芥川龍之介研究』第9号が刊行されました。(2015.8.20)
 会員には、東京大会会場にて配布いたします。お渡しできなかった方には、大会後に順次発送致します。

創立10周年記念大会のポ スター/チラシ(PDF)が公開されました。 (2015.8.5) 

創立10周年記念大会のプログラム (PDF)が公開されました。(2015.6.20)
 →討論者などの情報を掲載した改訂版を公開いたしました。(2015.8.22) 

・創立10周年記念大会は、以下から御後援をいただいております。
 毎日新聞社・新潮社 ・ 岩波書店 ・翰林書房 ・田端文士村記念館・一中音楽文化研究所・ 墨田区教育委員会 ・文京区(2015.6.20)

・創立10周年記念大会が、国際交流基金2015年度知的交流会議助成プロ グラムに採択されました(2015.5.12)

・国際芥川龍之介学会創立10周年記念東京大会が、東洋学園大学にて開催されます。(2015年8月26日−28日)
 プログラム等の詳細は、当サイト上で随時御報告いたします。(2014.11.18)

・機関誌『芥川龍之介研究』第8号が会員に配送されました。 (2014.10.14)

第9回国際大会は、盛会のうちに無事に終了いたしました。第10回大会は来年の夏を予定しております。 (2014.9.1) 

第9回 国際大会のプログラム(PDF)が公開されました。(2014.6.30) 
 本大会は、EAJS(ヨーロッパ日本研究協会) 第14回国際大会の分科会 という形での開催となります。
 →発表者・討論者に一部変更がございましたので、改訂版を掲載いたしました。(2014.8.15)

【運営体制】を更新いたしました。(2014.4.10)

・Google Chromeでの表示の際のレイアウト崩れを修正しました。(2014.1.13) 

・国際大会の第1回〜最新第8回のプログラムが公開されました。【国際大会記録】から御覧になれます。(2013.12.12) 

・WEBサイトを模様替えしました。文字を大きくするなど、より読みやすく工夫いたしました。(2013.12.7) 

芥川龍之介著作目録1914 -1928が公開されました。芥川が作家デビュー年以降に発表した小説・随筆その他のリストです。
 【データーベース】からも御覧になれます。(2013.11.14) 

・第8回国際大会は、盛会のうちに無事に終了いたしました。第9回大会は来年の夏を予定しております。(2013.11.9) 

・第8回国際大会のドイツ語版発表要旨集(PDF)が公開されました。 (2013.10.18)

・ハイデルベルク大学の日本学科のWEBページに第8回国際大会の告知が掲載されました。(2013.10.13)
 ドイツ語版プログラム(PDF)も御覧になれます

第8回国際大会プログラム(PDF)の完全版が公開されました。(2013.10.6)
 発表要旨集(PDF)も併せて御覧下さい。

中国における芥川龍之介研究の文献目録(2000-12)PDFが公開されました。(2013.9.22)
 【デー ターベース】からも御覧になれます。

・機関誌『芥川龍之介研究』第7号が刊行されました。 (2013.9.17)
 *P86下段記載の「付録 グラフ参照」は[こちら](PDF)をご参照下さいま すよう、御願い申し上げます。

・第8回国際大会のプログラム(PDF)が公開されました。
 なお、司会・討論者につきましては、暫定的な記入です。確定次第、改めて当サイト上で御報告いたします。(2013.9.9)

・第8回国際大会が、ドイツ・ハイデルベルク大学にて開催されます。(11 月1日−3日)。
 プログラム等の詳細は、後日、当サイト上で発表いたします。(2013.8.5)

・国際芥川龍之介学会公式WEBサイトが開設されました。 (2013.7.24)

Copyright (C) 2013  国際芥川龍之介学会. All Rights reserved
inserted by FC2 system